五月丸:

JPX日経400に関連するETFは、通常のETFやレバレッジ・インバース(ブル・ベア)型などたくさんのETFが上場しています。
このJPX日経400について、銘柄入れ替え基準や指数が与えた影響などを見ていきましょう。

JPX日経400とは、何のために作られた指数なのか

日本の上場企業は資本効率を意識しない経営者が多く、資本が有効に活用されずに株価が低迷する企業が多いことが問題視されてきました。
また、企業のガバナンスも改善が必要と考えられてきました。

しかし、日本の主要指数であるTOPIX(東証株価指数)は、東証一部に上場していれば赤字が続いている企業であっても全て組み込まれてしまいます。また、日経平均も利益水準や資本効率などは考慮しません。

そこで、JPX日経400という新しい指数が誕生しました。
JPX日経400は流動性や利益に加えて、資本効率やガバナンスも考慮して採用銘柄を決定します。
東証と大証の持ち株会社である日本取引所(JPX)と日経新聞社が共同開発し、2014年1月6日より指数の算出を開始しました。

正式名称はJPX日経インデックス400ですが、JPX日経400と一般に呼ばれています。

JPX日経400の算定方法

JPX日経400は400銘柄で構成されます。

対象となる銘柄は東証一部、二部、マザーズまたはJASDAQに上場する銘柄です。
その全銘柄から上場後3年未満、債務超過や3年連続の営業赤字や最終赤字の会社を除外します。
次に、直近3年間の売買代金、選定基準日(6月最終営業日)の時価総額により上位1000銘柄を選定します。

この1000銘柄に順位を付けていきます。順位付けの方法は、下記の3項目で加点していきます。
・3年平均ROE(株主資本利益率):40%
・3年累積営業利益:40%
・時価総額(選定基準日時点):20%

さらに、独立社外取締役2人以上、IFRS採用、英文資料の開示で加点します。
この結果、スコアが高い400銘柄が選定されます。

銘柄入替

銘柄入替は年に一度です。
毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表し、8月最終営業日に銘柄入替を実施します。

前述のスコアリングで上位400銘柄を選定します。
ただし、過度の銘柄入替を避けるために、前年度採用銘柄は、上記のスコアが440位以内であれば残留します。

入替銘柄数は、2014年31、2015年43、2016年34と平均で9%程度が入れ替え対象となっています。指数としては、比較的入れ替えが多いと言えるでしょう。

JPX日経400の採用銘柄

2016年8月入れ替え後の採用銘柄を見てみましょう。

採用銘柄はほとんどが東証一部から選ばれています。

一部 二部 マザーズ JASDAQ
395 1 1 3

マザーズからの採用が少ないように思えますが、上場3年未満の銘柄は選ばれないため、勢いのある新規上場銘柄だと既にマザーズから一部に市場変更してしまっているケースも多いと考えられます。

採用銘柄の3年平均ROEは12.5%であり、東証一部の平均8.2%を大きく上回っています。
資本効率の良い企業が選ばれています。

データの出所:JPXと日経新聞社

JPX日経400の推移

JPX日経400は、今のところTOPIXや日経平均と値動きに顕著な差はありません。概ね、他の主要指数と同じようなチャートとなっています。
今後、違いが出てくるのかが注目されます。

期間:2014/1/6~2016/1/6、信頼できると判断したデータを基に当社が作成

JPX日経400は成功したのか?

毎年、様々な指数算出会社がたくさんの指数を開発しています。しかし、商品化され、それなりに投資資金が集まるものはほとんどありません。
JPX日経400は、TOPIXや日経平均には及ばないものの、それなりの知名度があり、投資資金も集まっており、新しい指数としては十分に成功していると考えられます。

成功の要因としては、以下が考えられます。
1. GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用指標として採用したこと
2. 日銀がJPX日経400に連動するETFを買い入れ対象としたこと
3. 日経新聞による積極的な報道

やはり、GPIFと日銀という公的マネーが投資することを表明したことが非常に大きいと思います。実際に投資資金も入りますし、その他の投資家も安心して参入したと考えられます。

また、日本企業の資本効率とガバナンスの悪さについての議論が高まっていた時期でもあり、JPX日経400に選ばれている企業は良い企業という、企業に対するイメージ作りも成功したと思います。企業側が選ばれるかどうかを気にする指数になったと思います。

JPX日経400に採用されるための企業の努力

金属加工機械の大手であるアマダホールディングスは、日経平均には選定されていましたが、JPX日経400には採用されませんでした。ROEが低かったことが課題と考えられます。
良い会社が選定されるというイメージがあるJPX日経400への採用を目指して資本効率の改善と株主重視の経営にシフトしました。

2014年5月に発行済み株式総数の3.5%を上限とした自社株買い、2.5%の自社株償却、配当の大幅増を公表しました。
2017年1月現在のJPX日経400には採用されていませんが、利益も改善しており努力が実を結ぶ日も来るのではないかと思います。

このように、指数が実際の企業の経営を改善したという点で見ても、この指数は意味があったと考えられるのではないでしょうか。

関連する当社が運用するETF

当社はJPX日経400に直接連動するETFを運用しておりませんが、JPX日経400のレバレッジ・インバース(ブル・ベア)型のETFを運用しております。

銘柄一覧
1467 JPX日経400ブル2倍ETF(レバレッジ)
1468 JPX日経400ベアETF(インバース)
1469 JPX日経400ベア2倍ETF(ダブルインバース)

レバレッジ・インバース(ブル・ベア)型ETFの特徴についてはコラム、株が上がると思ったら、ブル(レバレッジ)型ETF株が下がると思ったら、ベア(インバース)型ETFをご参照ください。