レクス:

NT倍率とは日経平均株価をTOPIXで割った数値です。両指数の相対的な強さを表す数値です。
NT倍率は値嵩株や外需株が強いと上昇する傾向にあります。

 
マンガで
わかる
ETF
 

     

◆NT倍率

NT倍率とは日経平均株価(以下、日経平均)をTOPIXで割った数値です。
2018/7/26時点で日経平均株価は22573.62、TOPIXは1764.98であり、NT倍率は12.79です。
日経平均はTOPIXより常に大きい数字であり、2000年以降では最小で9.37、最大で13.06と2倍になるような極端な変動はありません。

NT倍率が高くなれば日経平均がTOPIXと比べて強く、低くなればTOPIXが日経平均と比べて強い状態です。
一般に、値嵩株(株価の高い株)や輸出関連株などの外需株が強いと日経平均が相対的に上がり、NT倍率も上昇します。

◆NT倍率の推移

2000年以降のNT倍率の推移です。
2009年以降は右肩上がりですが、2018年にさらに上昇し歴史的な高水準で推移しています。TOPIXと比べて日経平均が強い状態が続いているということです。

◆日経平均とTOPIXの特徴

日経平均は、東証一部の上場銘柄から、日本経済新聞社が市場流動性やセクター間のバランスを考慮して225銘柄を選定して算出されます。算出方法はダウ式と呼ばれ、一般に株価が高い銘柄ほど構成比が高くなる傾向があります。
TOPIXは、東証一部の全ての国内株で構成され、浮動株調整後の時価総額加重で算出される株価指数です。約2100銘柄で構成されます。

重要なのは、構成比率がかなり異なる点です。この表は日経平均とTOPIXの構成比率上位5銘柄の構成比(%)です。


日経平均 TOPIX
1 ファーストリテイリング 8.11 トヨタ自動車 3.56
2 ソフトバンクグループ 4.71 三菱UFJフィナンシャル 1.90
3 ファナック 3.60 ソフトバンクグループ 1.70
4 KDDI 3.08 ソニー 1.58
5 東京エレクトロン 3.06 NTT 1.42

時点:2018/7/26、出所:東証、日経新聞社

TOPIXは最大でトヨタ自動車の3.56%と集中度は低いですが、日経平均はファーストリテイリングが8.11%、5位の東京エレクトロンも3%を超えています。
指数の算出は日本経新聞社が行っています。

◆日銀のETF買い入れの影響

日銀は日経平均とTOPIXのETFの買い入れを継続して行っています。
年間買い入れ額は6兆円、うち2.7兆円はTOPIX、3兆円はTOPIX、日経平均、JPX日経400、0.3兆円で設備人材ETFの購入に充てられます。
詳細はコラム「日銀のETF買い入れの基本 」をご参照ください

2016年10月より前述の割当となり、TOPIXに割当額が増えました。日経平均は構成銘柄に偏りがあるためにTOPIXを増やしたものと考えられます。

日経新聞は2018/7/26の朝刊で、日銀がTOPIX型ETFの買い入れ比率を増やし、日経平均型ETFの比率を下げる議論を行うという記事を出しました。

◆関連するETF

NT倍率に1本で投資ができるETFはありませんが、日経平均とTOPIXのレバレッジ・インバース(ブル・ベア)型のETFを当社は揃えています。

NT倍率が下がる(相対的にTOPIX上昇、日経平均下落)と予想すれば、TOPIXブル2倍と日経平均ベア2倍を組み合わせるといった投資も可能です。
また、NT倍率が上がる(相対的に日経平均上昇、TOPIX下落)と予想すれば、日経平均ブル2倍とTOPIXベア2倍を組み合わせるといった投資も可能です。

証券コード 商品名 内容
1568 TOPIXブル2倍 TOPIXの日々の変動率の“2倍”の値動きを目指します
1569 TOPIXベア TOPIXの日々の変動率の“逆”の値動きを目指します
1356 TOPIXベア2倍 TOPIXの日々の変動率の“逆方向に2倍”(すなわちTOPIXの-2倍)の
値動きを目指します
1579 日経平均ブル2倍 日経平均の日々の変動率の“2倍”の値動きを目指します
1580 日経平均ベア 日経平均の日々の変動率の“逆”の値動きを目指します
1360 日経平均ベア2倍 日経平均の日々の変動率の“逆方向に2倍”(すなわち日経平均の-2倍)の
値動きを目指します

 
マンガで
わかる
ETF