ETFを調べるとよく名前が出てくるマーケットメイカー(マーケットメーカー)ですが、今回はその概要を説明します。内容は中上級者向きです。

 
マンガで
わかる
ETF
 

     

マーケットメイカー(マーケットメーカー)とは

マーケットメイク(マーケットメーク)は取引所で形成される市場価格と、ETFの理論価格との差を利用して利益を得る、すなわち裁定取引(アービトラージともいいます)をする行為です。
マーケットメイクをする会社はマーケットメイカーと呼ばれています。

証券会社や専業のトレーディング会社がマーケットメイカーとなっています。

なお、弊社のようなETFの運用会社がマーケットメイクもしているのかと思い問い合わせされる方も多いのですが、運用会社はETFの中身の運用をしているだけで、マーケットメイクはしておりません。

マーケットメイカーの変遷 ~証券会社から専業トレーディング会社へ

弊社が初めてETFを上場したのは2009年ですが、当時は指定参加者である証券会社がマーケットメイクでも存在感を出していました。
大手の国内証券会社も外資系証券会社もたくさんの会社がマーケットメイクに取り組んでいました。

しかし、その後、外資系証券会社はマーケットメイクでの存在感が急速に薄れていきました。リーマンショックを経て米国で金融機関に対する規制が徐々に厳しくなり、リスクを取ることができなくなったためです。
その結果、一部の大手国内証券会社を除き、証券会社のマーケットメイクでの存在感は薄れました。
そこを埋めたのが、マーケットメイクを本業とする専業トレーディング会社です。

マーケットメイクの専業トレーディング会社とは

専業トレーディング会社は欧州に本社があることが多く、シンガポール、香港、オーストラリアといったアジア時間をカバーできる場所にあるオフィスからトレーディングをしています。
日本市場だけではなく、香港やシンガポールなどの他のアジア市場の商品もトレーディングをしています。

有名どころとして以下の会社があります。
FLOW TRADERS、Optiver、Virtu、Jump Trading、Susquehanna、IMC、Bluefin
その他にもたくさんの会社がありそうですし、新しい会社もどんどんできているかもしれません。

たくさんの会社があり、さらに一部の証券会社も参入しているため、売買代金が大きく人気のあるETFのマーケットメイクにおいては、熾烈な競争が行われています。
この競争が激しければ激しいほど、良い価格でのビッド・アスクの板が構築され、投資家にとっては望ましいです。

専業トレーディング会社の強み

裁定取引は相場観でリスクを取って利益を得る取引ではなく、システムを構築し緻密な計算を迅速に行い迅速に発注することが重要となります。そのため、ITが非常に重要です。

ある専業トレーディング会社は、トレーダー1人につき2人のIT担当者がいて、トレーディングを支えているとのことです。
ある外資系証券会社のトレーダーは、専業トレーディング会社のシステムは、証券会社でも対抗ができない高水準にあると言っていました。

また、ある程度リスクを取れるということも強みです。
マーケットメイクのリスクを0にすることは現実的にはできません。トレーディングの資金調達コストもかかりますし、ヘッジにもコストがかかり、計算の前提が想定外の事態で間違うなどリスクがあります。薄利多売のビジネスですが、1回失敗すると大きな損失を受けることもあります。そのため、リスクを全く取れないとマーケットメイクを行うことは困難です。
リスクを取れるという点では、国内大手証券会社も強みがあります。

さらに、証券会社ほど部門のしがらみがない点も強みです。
証券会社ではETFのマーケットメイクは株式部門が担当します。
例えば、原油や金などのコモディティのETFをマーケットメイクする場合は、コモディティ先物やデリバティブを使ってヘッジを行う必要があります。
しかし、コモディティ先物は別の部署が管轄していて、社内でその調整がつけられないといったこともあります。
部署間の棲み分けで株式以外のマーケットメイクができない証券会社も多くあります。
専業トレーディング会社にはこのようなしがらみがありません。

マーケットメイカーが興味を持っているETF

マーケットメイカーから特に問い合わせが多かったETFは以下です。
流動性が高く裁定取引のチャンスが多い銘柄が多いです。
また、そこまでETFの流動性が高くなくても、関連する先物がありヘッジがし易い銘柄に興味を持つことが多いようです。

1579 日経平均ブル2倍ETF
1360 日経平均ベア2倍ETF
1671 WTI原油価格連動ETF
1568 TOPIXブル2倍ETF
1572 中国H株ブル2倍ETF
1573 中国H株ベアETF

マーケットメイカーはETFのあるべき価格を把握するために、ETFがどのような資産で運用されているかという情報を要求します。
市場でETFを売買する投資家のみなさまの利便性を高めるため、マーケットメイカーがマーケットメイクをし易くしETFの板に良いプライスを提供できるように、当社では他社に先駆けて上場時よりPCFファイル の開示など情報開示に努めました。
もちろん、マーケットメイカーだけでなく、全ての投資家のみなさまが閲覧できるように、東証のサイトを利用してPCFファイルや適時開示情報を活用し情報開示をしております。
PCFについての詳細はコラムPCFとはをご参照ください。


マーケットメイカーの活動はネットにもあまり情報がないので、ニーズがあれば別の機会にも述べようと思います。

マーケットメイカーとよく混同される指定参加者については、指定参加者とマーケットメイカーをご参照ください。

 
マンガで
わかる
ETF